医師は特別な職種

医師になるために取る資格

トップ

医師についての情報

医師という資格をとる覚悟

医師の資格を取るためには、大学の医学部を卒業して国家試験を受験します。この試験に合格すると、晴れて免許を取得できるのです。医学を学ぶための大学に入学するのも難しいことは有名ですが、この免許を取得したあとも大変なのです。なぜなら医学はどんどん進歩していくため、絶えず新しい知識や医療技術を学び、習得する必要があるのです。医師を続けていくのであれば日々の勉強がずっと付いてきますので相応の覚悟が必要です。患者治療のために常に最善の方法を模索する熱意のある人だけが、この職業をめざす資格があると言っても過言ではありません。

医師 募集で自分に最適な職場をお探しの方に
お勧めのサイトです。専門のサポートも万全で、納得のいく条件で転職されているようですよ。

名称独占、業務独占の資格

医師は名称独占、業務独占の職種です。名称独占とは、その資格を持っている人でなければ職名を名乗っていはいけないという意味です。業務独占とは、その資格を持っている人でなければ、仕事ができないという意味です。日本では、医師でなければ医業、つまり、患者さんに対して、診察、診療行為をしてはならないと法律で決められています。看護師さんなど医療職種の人は医業をやっているのでは、と思うかもしれませんが、すべては医者が指示をして、それに従って行っているのであって、各医療職種の人が自らの判断で治療はできないのです。